それは病気?!気になる症状解説します

このエントリーをはてなブックマークに追加

リウマチの治療法

関節炎の治療はたいてい、薬物療法、運動、ライフスタイルの調整を組み合わせて行われます。
関節リウマチの場合も同じです。
薬物療法には非ステロイド性抗炎症薬(消炎鎮痛剤)、抗リウマチ薬、免疫抑制剤、副腎皮質ステロイド剤等の薬が使われています。
関節リウマチを含む関節炎を完治する薬はまだ見つかっていませんが、痛みや炎症を軽減する治療薬は数多くあります。
中には病気の進行を遅らせる面で良い見込みのある事を示してきた薬もあります。
とはいえ、大きな代償が必要になる場合もあります。
その種の治療薬にはどれも深刻な副作用を及ぼす恐れがあるからです。
軽い頭痛を引き起こすだけのものもあれば、内臓機能に深刻な影響を及ぼすものもあるかもしれません。
ですので、きちんと病院にかかり、専門医の意見に耳を傾け、その提案を当てはめるかどうかを自分で決める事が大切になってきます。
さらには運動療法も効果的です。
理学療法士は運動療法プログラムを始めるかもしれません。
それには様々な運動、エアロビクス、アイソトニックスつまり一定の重量の物を持って行なう運動が取り入れられる場合があります。
それらによって、関節の痛みや腫れ、疲労、倦怠感、憂鬱な気分をはじめ、多くの症状が改善される事が明らかになっています。
運動の効能は、かなり高齢の人にも表れています。
運動すれば、骨密度の低下を抑えることもできます。
いろいろな形の温熱療法や寒冷療法、鍼治療によっても、痛みをある程度緩和できたと言う人たちもいます。
他にも体重が減ると関節の痛みは大幅に和らぐため、ライフスタイルの改善、食事療法は関節リウマチに対処する主要な手段だと言えます。
色の濃い葉菜類や新鮮な果物など、カルシウムを多く含む食べ物を意識して摂取することをお勧めします。
オメガ3脂肪酸を多く含む寒冷水域の魚を意識して食べるように心がけ、加工食品や飽和脂肪を控えることも大切です。
そうするなら、体重を減らすことができます。
体重を減らすだけでなく痛みも軽減できるという意見もあります。
そうした食餌療法は炎症の進行を抑制するからです。
また、肉類や乳製品、小麦、ナス科の野菜、例えばトマト、ジャガイモ、トウガラシ、ナスなどの摂取を控えることにより、効果が上がったという情報もあります。
もちろんどの治療法が良いのか、またその治療法にどれだけの時間やお金を使うのかと言った点は各自が決めなければなりません。
他の人に効果があったと言われている治療法も、自分にはまったく効果がないという事もあります。
これから先、現代医学がどのように進歩していくのかは誰にもわかりません。
ですので、何らかの治療法を、すでに知られている事実を参考にして探し出し、注意深く比較考量するのは、患者の皆さん一人一人の責任です。

健康・医療でも話題の症状に関わる話は、このWEBサイトがおすすめですよ

Copyright (C)2017それは病気?!気になる症状解説します.All rights reserved.