それは病気?!気になる症状解説します

このエントリーをはてなブックマークに追加

痛風の再発を減らすポイント

痛風発作が発生すると、激しい痛みのために、歩くことはもちろんの事、靴下を履いたり、階段を上がったりする事が非常に難しくなります。
風が吹いただけで痛むとも言われています。
誰しもかかりたくないものですが、もしあなたが痛風を患っており、その再発を防ぎたい場合は、一体どんな点に注意すれば良いのでしょうか。
まず第一に、カロリーの摂取を抑える事です。
痛風は代謝異常によるものなので、カロリーの摂取を制限して体重を健康な値に保つ必要があります。
体重が重いと、体を支える関節に負荷がかかります。
もちろん人は皆それぞれ体型や年齢、生活環境が違うので、何キログラムが良いとは簡単には言えませんが、自分自身でよく調査して自分にとってのベスト体重を見つける事が大切です。
では、カロリーの接種を抑えるためには何ができるでしょうか。
動物性たんぱく質を取りすぎないことです。
動物性たんぱく質は、卵、肉、魚、乳製品に多く含まれています。
ですので、自分の食習慣をよく吟味する必要があります。
もし自分が脂ののったステーキや寿司、刺身を毎日食べているとしたら、あるいは自炊をほとんどせず、いつも外食、それもマクドナルドやケンタッキーフライドチキンなどのファーストフードを利用しているとしたらどうなるでしょうか。
健全な食習慣であるとはとても言えません。
そのような人はかなりの確率で体を壊すでしょう。
痛風の発作が起こる事も充分考えられます。
ですので、まず食習慣を改善しましょう。
特に動物性たんぱく質の摂取を減らす事から始めるとよいでしょう。
鳥肉や魚を含め、脂肪の少ない肉を一日170グラム以下に抑えるように勧める提案もあります。
第二に、もし体重が多すぎるのであればダイエットを行うことです。
ダイエットを行う事により、体重が適切な数字に保たれ、痛風発作の再発の可能性を減らす事ができます。
しかし、注意しなければならない事もあります。
極端なダイエットや急激な減量を避ける事です。
すべてに言える事ですが、やり過ぎは禁物です。
宣伝や広告を鵜呑みにして、過剰なダイエット器具を購入したり、また効果や出所がはっきりしないサプリメントを飲んだりする事は危険な場合があります。
それにより、腹痛や頭痛などの体調不良、また他の疾患や症状を引き起こしたら意味がありません。
ですので、適度かつ自分の体調にあったものを選びましょう。
痛風の再発は生活習慣の改善でかなりの程度防ぐことができます。
ですので栄養バランスの良い食生活、また適度の体重管理とダイエットを心がけていれば、この痛みに悩まされる可能性は激減する事でしょう。

Copyright (C)2017それは病気?!気になる症状解説します.All rights reserved.