それは病気?!気になる症状解説します

このエントリーをはてなブックマークに追加

どの科にかかるか

今の社会はストレス社会です。
仕事上のストレス、家庭で抱える問題、学校で抱える問題など、多くの問題にさらされています。
その中で一生懸命に生活して、体に無理を重ねてしまいます。
そのような環境にずっとさらされたままにしておくと、体が悲鳴をあげてしまいます。
でも現代人は体が悲鳴をあげているサインを無視して働き続けます。
そして結果的に、重傷になってしまいます。
頭痛、腹痛、などの症状は様々ですが、問題はどこの病院に受診したらいいのか分からないということです。
例えば、腹痛の原因は多くあります。
ある知人に盲腸の手術をした人がいます。
普通、盲腸の症状は下腹部の痛みなのですが、その人は胃痛に悩まされていたそうです。
それで内科に行ったのですが内科でも特定の原因はつかめず、胃薬を渡されただけだったそうです。
それでも治らず、血液検査をし、白血球が異常に多いことが分かりました。
ですがその段階でも原因は分からず、結局家の中で転げまわるくらい痛みが増しました。
それで、検査入院し、やっと盲腸だということが分かったそうです。
その後手術をしたのですが、手術をした時には、破裂する寸前の危機一髪だったそうです。
そのような経験をする人は少ないかもしれませんが、今現代は沢山の病気が存在します。
そして原因も様々です。
頭痛の原因が、パソコンでの仕事のし過ぎということもあり得ます。
それで、どの病院の何科を受診するかある程度定めて行くことは病気の原因を早く突きとめることに貢献します。
でも素人の目線では、どの科に受診したらいいのか簡単に分かるものではありません。
どうしても病院任せになってしまいます。
そうやって症状がどんどんと悪化していく危険もあります。
その為に沢山の大学病院が紹介しているのが、どの科を受診したらいいのか、検索するためのサイトです。
例えば、香川大学医学部付属病院のようなサイトを紹介しています。
そのサイトでは、病気の症状から専門医を検索できるシステムになっています。
また、症状だけでなく体の部位からも専門医を検索することができます。
そのように自分で検索し、ある程度、専門医を絞っていくことで、病気の発見を早めることが可能になります。
このサイトにかかわらず、沢山の病院がこの様なサイトを紹介していますので、頭痛、腹痛など気になる症状がある場合、検索し、一度受診している事をお勧めします。
そうすることで、病気の早期発見、完治につながります。

Copyright (C)2016それは病気?!気になる症状解説します.All rights reserved.